みなさんは食事のマナーに自信がありますか?
気心の知れた人との食事でも意外と見られており、ちょっとした動作で印象が左右されてしまいます。
より楽しく食事ができるように基本的なマナーを一緒におさえていきましょう

和食編
繊細な日本料理には香りも重要な要素のひとつ。香水は控えめにするのが基本です。
大ぶりの指輪やブレスレット、長いネックレスなどは器を傷つけることもあるので気をつけましょう。

和食は小さい器は手に持って食べるのが基本です。料理がこぼれないように手のひらで受ける人を見かけますが、これはNG。
また、わさびは醤油に溶かさず、刺身などの上に置いてから醤油につけます。
お寿司の場合は、横にしてからシャリではなくネタに醤油をつけていただきます。
お椀の蓋はしずくを落とさないようにして取り、返して右側に置きます。食べ終わったら蓋を裏返さずに元に戻しておきましょう。

あると便利な懐紙
懐紙は百貨店や文具店でも買うことができます。焼き魚をいただく際、頭を押さえるのに使ったり、魚の骨や果物の種などを出す時に口元を隠すのにも使えます。
また、受け皿のかわりや、口元や箸先を拭くのにも便利。
バッグに忍ばせておけば一目置かれる存在に。


洋食編
上座にあたる眺めがよく入り口から離れた席には女性が座り、男性は女性が着席してから座るのがマナー。
レストランでは基本的に右手が上座になりますので、着席するときは椅子の左側から座るようにします。

ナプキンは注文が終わって飲み物などが出てくるタイミングで膝の上に置きます。
トイレなどで中座する場合は軽くたたんで椅子の上に。食べ終わったらテーブルの上に置きます。
いずれもきれいにたたまないのがルール。ナプキンで口元を拭くのはOKですが、持参したハンカチやティッシュを使うのはNGです。

カラトリーの使い方
国によって少しずつ使い方が違いますが、食事中にナイフやフォークを置くときはハの字に、食べ終わったあとは揃えて並べておきます。
食事の基本は音を立てないことと、汚さないで食べること。
カラトリーは1料理につき1セットが基本です。全て並べられている場合は外側から、セッティングされていなければその都度ウェイターが持ってきてくれます。


中華編
自分の分は自分で取り分けるのが中華のマナー。目上の人だからといって気を使うとかえって失礼にあたる場合もあります。

入り口から最も遠い席が主賓が座る上席。その次に主賓から見て左、右という順番で着席していきます。
テーブルの大皿料理も主賓から各自時計回りに取っていき、全員が取り終わってからいただきます。
人数を考えながら、少なめに取っていくのがポイントです。
また、取り分けるときは座ったまま。立ち上がるのはタブーです。

中華料理ならではのルールも
茶碗以外のお皿を持ち上げるのはNG。取り皿は料理ごとに取り替えて、空いた皿は重ねておいてOKです。
スープは音を立てずにいただくのが基本。麺類も一度レンゲに取ってから静かに食べましょう。器に直接つけるのもマナー違反です。
急須にお茶を注ぎ足してほしいときは、蓋をずらしておいたり、蓋を返して急須にのせておくのが合図。
上へ